COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 韓国風混ぜうどん/村田 英理子

韓国風混ぜうどん/村田 英理子

  • 2023.05.05

    韓国風混ぜうどん/村田 英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。著書に「GOOD HABIT(山川出版社)」。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

冷凍うどん一玉
豚ひき肉100g
A. 焼肉のタレ大さじ2
卵黄1個分
お好みのパックサラダ1パック
B. 醤油小さじ1
B. お酢小さじ1
B. 砂糖小さじ1
B. コチュジャン大さじ1
B. ごま油少々
C. 白ごま適量

作り方

1

冷凍うどんは沸騰したお湯で茹で、冷水にとって水気を切っておく。

2

フライパンを中火にかけ、豚ひき肉を炒め、焼肉のタレで味付けをする。

3

小さめのボウルにBをすべて入れ、泡立て器でよく混ぜる。

4

お皿に、❶のうどんを入れ、❸の半量をかけて混ぜ、その上にパックサラダと❷の豚ひき肉を乗せ、真ん中にくぼみをつけて卵黄を乗せたら、タレの残りと白ごまを振ってできあがり。

調理時間15分

Point

料理のコツ・ポイント

パックサラダを使うことで、手軽にたくさんの野菜を取れる工夫をしています。種類はお好みで構いませんが、細切りの大根が入っていると食感がよく、うどんとの絡みも良いので、おすすめです。

Point

今回は、料理初心者の方でも作りやすく、野菜をたっぷり食べられるレシピをご紹介します。コンビニでも揃えられる食材も多いので、時間がない時や疲れてしまった時にでも作りやすいかと思います。豚ひき肉は、お好みで、牛肉に変えてプルコギ風にしたり、サラダチキンに変えてさっぱりといただくアレンジもできます。辛いのが苦手なお子様には、コチュジャンの一部や全部を味噌に変えてもらえれば食べやすくなります。

レシピを見てくれている方へのコメント

まだ冷え込む朝晩があったかと思うと、夏を感じるような日中になったり、寒暖差が大きい季節がまだ続いています。こういう時期は自律神経も乱れやすくなるので、栄養バランスよく食べることを続けて、体調の維持に気をつけてくださいね。

ガンバ大阪・半田陸が戦列復帰へ。
「強化した肉体とプレーがどんなふうにリンクするのか、すごく楽しみ」