COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 彩りオムレツ/村田英理子

彩りオムレツ/村田英理子

  • 2021.01.29

    彩りオムレツ/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    2020年1月に山川出版社より書籍「GOOD HABIT」を出版。海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

じゃがいも1個
にんじん1/2本
ブロッコリー1/4株
えび(加熱済)80g前後
ミニトマト3個
2個
牛乳大さじ2
粉チーズ大さじ1
コンソメ顆粒少々

作り方

1

じゃがいも、にんじんは皮をむき、厚さ3mmの薄切りにする。じゃがいもは5分ほど水にさらし、水気を切っておく。

2

フライパンにバター少々(分量外)を熱し、①のにんじんを焼き、荒熱をとっておく。

3

ブロッコリーは一口大に切り、フライパンに入れ、水大さじ2(分量外)・塩少々(分量外)を加えて中〜強火にかけ、蓋をして1分ほど蒸してから、冷水にとり、水気を切っておく。

4

ボウルに卵・牛乳・粉チーズ・コンソメ顆粒を加え、泡立て器でよく混ぜる。

5

④に、①のじゃがいも・②のにんじん・えびを加え、全体をさっと混ぜ合わせる。

6

クッキングシートを敷いた耐熱容器に⑤を流し込み、③のブロッコリーや、半分に切ったミニトマトをトッピングし、180度に予熱したオーブンで40分ほど焼いてできあがり。

調理時間下ごしらえ15分+焼く時間40分

Point

料理のコツ・ポイント

より華やかに仕上げるこつは、トッピングの具材の顔を卵の液から少しずつ出して並べることです。

Point

大人も子供も大好きなオムレツ。彩り野菜にえびも加えて、華やかかつ栄養も豊富に仕上げました。火の通りに時間がかかる、にんじんやブロッコリーは、あらかじめ加熱しておくと、他の具材との仕上がりバランスも良くなります。
卵とえびでたんぱく質を補給しつつ、彩り野菜でたっぷりのビタミンを添えています。牛乳や粉チーズが隠されているので、カルシウムも補給できます。
オーブンと焼き型の相性によって、40分では焼き具合が不十分になる場合もあるので、時々様子をみながら、加熱時間は調整してください。

レシピを見てくれている方へのコメント

ぱっと食卓を華やかに彩ってくれるオムレツは、一度に食べるのも良し、少しずつ切って何日かに分けて食べるのも良し!野菜が苦手なお子さまも、きっと喜んで食べてくれるはず。手順も簡単なので、お子さまと一緒に作ってみるのも良いですね。

Vol.30 日本代表で感じたこと。亡き親友とガンバ。