COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 加藤悠馬(かとうゆうま)拓殖大学1年生FW/MF

加藤悠馬(かとうゆうま)拓殖大学1年生FW/MF

  • 2020.09.30

    加藤悠馬(かとうゆうま)拓殖大学1年生FW/MF

REIBOLA'S CHOICE

幼い頃からの親友であり、良きライバルがプロで活躍する姿を自分の成長に、「必ずプロになって同じピッチで対戦したい。」緩急のあるスピード、キレのある変幻自在なドリブルからの強烈なシュートが魅力。拓殖大学1年、加藤悠馬(FW、MF)

兵庫県伊丹市出身。サッカー経験者の父の影響で小学1年から有岡FCでサッカーを始める。小学3年でヴィッセル神戸サッカースクール「スーパークラス」のセレクションを受け合格し、小学4年からスーパークラスにも通い始める。そのスーパクラスで出会ったのが親友でもあり、良きライバルでもある、現ヴィッセル神戸FW、小田裕太郎だ。それからお互いが意識する存在になる。
中学はスーパークラスでの活躍もありヴィッセル神戸伊丹のジュニアユースに入団。中学1年から試合にも絡んでいたが、中学2年、3年と「満足している自分がいた。」と、伸び悩んでしまう。高校はヴィッセル神戸ユースへの昇格をなんとか勝ち取り、ジュニアユースでは別々だった小田とユースでチームメイトになる。生活を共にすることで小田のトレーニングの姿勢や、もっと上手くなりたい、成長したいという意識の高さに今までの自分の甘さを痛感、これまで以上にサッカーと向き合い、良きライバルの姿勢から自分自身を見つめ直した。高校2年からは試合にも絡み始め成長を実感する。
小田はトップチームへ昇格を決めるが、加藤は昇格することが出来ず、大学進学し更に成長してプロへチャレンジしたいと拓殖大学に進学する。大学に入ってからは、大学サッカーのフィジカルの強さや、スピードの速さに戸惑いながらも順応し、1年目ながらも試合に絡むことが出来ている。幼い頃からの親友であり、良きライバルがプロで活躍する姿を自分の成長につなげ、緩急のあるスピード、キレのある変幻自在なドリブルからの強烈なシュートに磨きをかけ、親友とのプロの舞台での対戦を胸に大学での成長を誓う。

text by Hideo Tanaka

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

日本営業大学ビジネスコミュニケーション論