COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > REIBOLA'S CHOICE

CATEGORY

  • 石津大地(いしずだいち)桃山学院大学3年生DF(センターバック)

    2020.09.23 REIBOLA'S CHOICE

    石津大地(いしずだいち)桃山学院大学3年生DF(センターバック)

    「兄と2人でプロの世界で活躍したい。」幼い頃から思い描いていた夢。DFリーダーとしての統率力や対人の強さと、左足で繰り出す長短のパス、そして、強いメンタルを武器に気持ちの入った全力プレーが魅力。桃山学院大学3年、石津大地(DF)。

  • 堂鼻起暉(どうはなかずき)びわこ成蹊スポーツ大学4年生MF(ボランチ)

    2020.09.16 REIBOLA'S CHOICE

    堂鼻起暉(どうはなかずき)びわこ成蹊スポーツ大学4年生MF(ボランチ)

    高校まではセンターバック、大学からボランチでプレー。ボール奪取力と、攻撃の展開力が魅力。「中学、高校、大学と、ライバル達との競争が自分を成長させてくれた。」びわこ成蹊スポーツ大学4年、堂鼻起暉(MF)

  • 小山珠里(こやましゅり)東京農業大学4年生DF

    2020.09.02 REIBOLA'S CHOICE

    小山珠里(こやましゅり)東京農業大学4年生DF

    東京農業大学4年、小山珠里(DF)。184cm/79kg、左足での長短の精度の高いパスと、ヘディング、対人での強さが魅力のセンターバック。父の影響で幼い頃から浦和レッドダイヤモンズの試合を100試合以上観戦。2006年浦和がリーグ優勝を決めた試合をスタジアムで体感、自分も同じ舞台で・・・。あの時の想いを胸にプロへの道を目指す。

  • 加藤大育(かとうだいすけ)神奈川大学4年生 右SB/CB

    2020.08.27 REIBOLA'S CHOICE

    加藤大育(かとうだいすけ)神奈川大学4年生 右SB/CB

    180cm/80kgの恵まれた体格。守備では1対1、ヘディング、スピードなど対人のデュエルには絶対的な自信を持ち、ビルドアップとタイミングの良い攻撃参加やロングスローもできる右SB。時にはCBもこなす万能型プレーヤー。神奈川大学4年、加藤大育。神大サッカー部のチームコンセプト「F+1」で、心・技・体の大切さを実感。大学最後の年、自身のプレーで夢を掴み取る。

  • 湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

    2020.08.19 REIBOLA'S CHOICE

    湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

    180cm/70kg、恵まれた体格から奏でる長短と緩急のあるテンポの良いパスで、試合のタクトを振る姿は、FCバルセロナのセルヒオ・ブスケツを彷彿させる。「高校卒業後プロになって、日本代表に入りワールドカップで優勝したい。」自身の夢の為にも、高校サッカー選手権での全国制覇を狙う。興国高等学校3年、湯谷杏吏。

  • 田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

    2020.08.12 REIBOLA'S CHOICE

    田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

    「この期間を耐え凌ぐのではなく、進化する期間にしよう。」日常が奪われたこのコロナ禍で、自分自身と向き合い見つめ直す時間ができた。これまでたくさんの逆境とピンチを自分への原動力に変え、ハングリー精神で結果を出してきた。だからこそ、必ずプロになりサッカーを通して周りの人に影響を与えらるような選手になりたい。パス、ドリブル、テクニックなど全てが高いレベルで、いろいろなポジションがプレーできるポリバレントプレーヤー。立命館大学4年、田中康介。

  • 下田友也(しもだともや) 北海道教育大学岩見沢校4年生FW

    2020.08.05 REIBOLA'S CHOICE

    下田友也(しもだともや) 北海道教育大学岩見沢校4年生FW

    180cm/75kg、ポストプレーや背後への飛び出しなど万能型FWで、シュート力や野性的なプレーが魅力。北海道学生リーグで得点王、ベスト11と結果も自信もつけた。子供の頃札幌ドームで観た、憧れのプロの世界を目指す。北海道教育大学岩見沢校4年、下田友也。

  • 飛鷹啓介(ひたかけいすけ) 日本体育大学4年生FW

    2020.07.29 REIBOLA'S CHOICE

    飛鷹啓介(ひたかけいすけ) 日本体育大学4年生FW

    JFAアカデミー、U12エリートプログラム、U15、U16世代別日本代表、そして、U17ワールドカップメンバー落選…。代表で共に成長してきた、堂安律(PSVアイントホーフェン)、冨安健洋(ボローニャ)などのU23東京オリンピック世代メンバーの大半がプロで活躍する姿を刺激に。「自分も必ず同じ舞台へ!」日本体育大学4年、飛鷹啓介。

  • 東出壮太(ひがしでそうた) 北陸大学4年生MF

    2020.07.22 REIBOLA'S CHOICE

    東出壮太(ひがしでそうた) 北陸大学4年生MF

    オフザボールの動きでバイタルエリアを制し、そこからのドリブル、シュート、パスでのチャンスメイクに自信!!北陸大学MF東出壮太(4年生)親への感謝を胸に「必ずプロになって親孝行してあげたい。」

  • 伊達翔天(だてしょうま) 明誠高等学校3年生FW

    2020.07.15 REIBOLA'S CHOICE

    伊達翔天(だてしょうま) 明誠高等学校3年生FW

    度重なるケガ、サッカーから逃げて向き合えず辞めようとも思った。そんな時、父からの言葉に救われた。その恩返し、そして、自分の夢のためにも必ずプロになりたい!

Vol.12 ピッチ上での『言い合い』が生む結束。すべては勝つために。