COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 窪田翔(くぼた かける)筑波大学4年生FW

窪田翔(くぼた かける)筑波大学4年生FW

  • 2020.10.28

    窪田翔(くぼた かける)筑波大学4年生FW

REIBOLA'S CHOICE

幼い頃からシュートとゴールが大好きな生粋のセンターフォワード。身体能力を存分に生かしたヘディング、スピード、シュートなどパワフルなプレーが魅力の点取り屋。「サッカー選手としても、人としても応援される存在になりたい。」筑波大学4年、窪田翔。

富山県富山市出身。カターレ富山の前身、アローズ北陸の監督を務めていた父、窪田司氏の影響で物心ついた頃には自然とサッカーボールで遊んでいた。そんな身近だったアローズ北陸の選手達は刺激にもなり憧れの存在でもあった。小学4年で地元のスクエア富山FCに入団。どこからでもシュートを狙うようなゴールが大好きな生粋のセンターフォワードだった。小学6年時の全日本少年サッカー大会への出場が自身の夢を意識させた。
中学はそのままスクエア富山FCでプレーし、中学1年、2年とナショナルトレセン中日本に選抜される。そのトレセンでは「自分が一番下手で情けなかった。」と、周りとの差を感じながらも自分のチームで成長。中学3年時は10番をつけキャプテンとして高円宮杯で全国ベスト8になり、それが大きな自信にもなった。
高校は選手権への憧れから星稜高校に進学する。「高校の3年間は自分にとって大きな3年間で、技術面はもちろん、人としても成長できとても有意義な3年間だった。」と成長を実感。
さらなる成長と夢の実現のために筑波大学に進学。自身の集大成として身体能力を生かしたパワフルなプレーで得点を取りチームを引っ張る。それが自身の夢へと繋がると信じて。

text by Hideo Tanaka

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

牡蠣とほうれん草の豆乳クリーム煮/栄養士 丹羽真梨菜