COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 横山璃央(よこやま りお)比叡山高校3年生DF

横山璃央(よこやま りお)比叡山高校3年生DF

  • 2020.11.11

    横山璃央(よこやま りお)比叡山高校3年生DF

REIBOLA'S CHOICE

ヘディングの強さと長短の正確なパス、そして、闘うメンタリティーでチームを引っ張るDF(CB)。「技術、パスなどは通用する自信があるが、フィジカル面がまだまだ足りない。そこを大学で伸ばしてプロにチャレンジしたい。」比叡山高校3年、横山璃央。

滋賀県守山市出身。サッカー好きの父の影響で日常にサッカーボールがある生活を送り、3歳でハヤマグリーンフットボールクラブでサッカーを始める。小学6年でプロサッカー選手という明確な夢を持ち、プロを意識してサッカーと向き合いながらプレーした。
中学は佐川滋賀フットボールアカデミーのセレクションに合格し入団を決める。しかし、中学2年、3年となかなか試合に絡むことができず、メンバーにさえ入れいない時もあった。「中2、中3でサッカーへの情熱が冷めた時もあった。」と悔しい思いもしながら、その中で自分自身としっかり向き合い、自分で考えながらプレーしていた。
高校は友達の誘いで比叡山高校の練習会に参加。「練習の雰囲気と情熱が良かった。」と比叡山高校への進学を決める。中学時代の悔しさをバネに高校に入学してからは、試合感、戦術眼、ヘディング、パスなどを特に意識して自主練習を行ったり、バレー経験者の母のアドバイスでジャンプ力をつけるトレーニングを行ったりした。「高校1年の時が一番伸びた。3年になった今はチームで一番成長した自信がある。」と自分でも成長を実感。1年生の夏からトップチームに絡みコンスタントにスタメンでプレーしてきた。「技術、パスなどは通用する自信があるが、フィジカル面がまだまだ足りない。そこを大学で伸ばしてプロにチャレンジしたい。」自身の足りない部分と伸び代を冷静に分析し、大学でさらに成長を遂げプロへチャレンジする。

text by Hideo Tanaka

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

Vol.16 『締まった空気』を継続して次に向かう。