COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

  • 2020.08.12

    田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

REIBOLA'S CHOICE

「この期間を耐え凌ぐのではなく、進化する期間にしよう。」日常が奪われたこのコロナ禍で、自分自身と向き合い見つめ直す時間ができた。これまでたくさんの逆境とピンチを自分への原動力に変え、ハングリー精神で結果を出してきた。だからこそ、必ずプロになりサッカーを通して周りの人に影響を与えらるような選手になりたい。パス、ドリブル、テクニックなど全てが高いレベルで、いろいろなポジションがプレーできるポリバレントプレーヤー。立命館大学4年、田中康介。

奈良県奈良市出身。幼稚園の時に母の勧めでサッカーを始め、小学生の間は奈良県のいくつかのチームに在籍する。小学6年生の時にディアブロッサ高田FCで全日本少年サッカー大会準優勝を経験、それがきっかけでもっと上のレベルでサッカーがしたいと思い始める。
父の勧めで京都サンガF.C.ジュニアユースのセレクションに参加し1次セレクションでは落選してしまうが、2次募集で合格しジュニアユースの入団を勝ち取る。
2次募集での入団だったが中学1年生の途中からは試合に絡むことができ、中学3年ではゲームキャプテンを任されるまでになった。
京都サンガF.C.ユースへの昇格は毎年10人という狭き門だが、その10人にも選ばれる。ユースに昇格してからも早い段階で試合に出場したり、さらにはU16、U17世代別日本代表にも選出されるなど充実した日々を過ごす中で、自ずと田中自身もこのまま京都サンガF.C.のトップチーム昇格、プロサッカー選手を意識し始めていた。順調にユースからのトップチーム昇格選考のTR参加の3人に選ばれるがそのTR参加中に骨折。結局トップチームに上がることはできなかったが、その時の悔しさや親への申し訳ない気持ちなどが、自身のプロへの気持ちをさらに強くさせた。
大学は立命館大学に進学。負けはしたが大学3年生時の天皇杯、横浜F・マリノス戦の大観衆の中でのプレーとゴールもさらに自身のプロへの気持ちを高めた。大学に入りプレーだけではなく、心技体の「心」の成長、人としての成長の部分も実感。
今年大学最後の年、プロサッカー選手になり活躍するだけでなく、周りの人を幸せにしたいという自身の夢のためにも、大学日本一を目指しキャプテンとしてプレーと姿勢でチームを牽引する。

text by Hideo Tanaka

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

Vol.12 ピッチ上での『言い合い』が生む結束。すべては勝つために。