COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 中野優太(なかのゆうた) 同志社大学4年生FW

中野優太(なかのゆうた) 同志社大学4年生FW

  • 2020.07.01

    中野優太(なかのゆうた) 同志社大学4年生FW

REIBOLA'S CHOICE

元Jリーガーの父を超える選手に。同志社大学FW中野優太、ユース同期DF立田とのJの舞台での対戦を胸に。「リーグ戦得点王を取り、チームをインカレへ!」

香川県丸亀市出身。アルビレックス新潟で活躍していた元Jリーガー中野圭一郎氏を父にもつ。その影響から4歳からサッカーを始め、幼い頃から父の指導を弟とよく受けていた。自然と小学3年生くらいにはサッカー選手になりたいと思うようになる。
中学時代は父が指導しているチームでプレーし着実に力をつけていく。その力を証明するかのように清水エスパルスユースの練習に参加し、その練習参加で清水エスパルスユースへの入団を勝ち取る。
ユース時には世代別の日本代表などにも選ばれ本気でプロを意識し始めるが、その反面、プロの世界を間近で感じれるJ1チームの下部組織だからこそ、自分にはまだプロは早いのではないか、大学に進みもっと成長してからプロを目指した方が良いのではないかと現実に直面する。結局ユースからはプロに上がることはできずに同志社大学に進学する。169cmとFWでは小柄な体格ながらも、スピードと背後への抜け出し、得点感覚などの特徴を持ち、1年生からチームの中心として試合に出場し得点を重ねる。「関西リーグで得点王を取って、チームをインカレに連れて行きたい。そして、父を超えるようなサッカー選手になって、人に夢や希望を与えたい。」先にプロの世界でプレーしているユース同期DF立田との対戦を思い描きながら、大学4年間で人としてもさらに成長した姿でプロへの道を切り開く。

text by Hideo Tanaka

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

日本営業大学ビジネスコミュニケーション論