COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > イワシ缶チャーハン/村田英理子

イワシ缶チャーハン/村田英理子

  • 2020.09.11

    イワシ缶チャーハン/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。アスリート妻としての実体験と、アスリートフードマイスター1級所有者としての知識をかけ合わせた内容は、運動習慣のある人だけでなく、料理初心者にも人気。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料(2人分)

ご飯4膳(500g)
1つ
イワシ水煮缶1缶(汁は捨てずに、付け合わせのお味噌汁に!)
小松菜2株
白ネギ15cm・・・みじん切り
にんにく1片・・・すりおろし
ごま油大さじ1
ひとつまみ
胡椒少々
醤油少々

作り方

1

ボウルに卵を溶いて、ご飯と混ぜ合わせておきます

2

フライパンでごま油とにんにくを熱し、香りが立ってきたら、小松菜・白ネギ・イワシの身を加え、身をほぐしながら少ししんなりして水分が飛ぶまで炒めます

3

②に①を加えて、全体がパラパラになるまで炒め、塩胡椒で味を整えます

4

鍋肌に醤油を垂らして風味をつけ、できあがり

15

Point

料理のコツ・ポイント

うまみや栄養素のつまった水煮缶の汁でつくったお味噌汁を付け合わせにして、ムダなく召し上がれ♪

Point

イワシには、EPAやDHAといった「身体中に栄養や酸素を届ける力」をつけるのを助ける良質な脂質がたくさん含まれています。水煮缶は、骨ごと柔らかく調理されているので、カルシウムもたっぷり。そして、実は同じ水煮缶の中でも、サバ缶よりイワシ缶の方が、成長期にとても大事になる鉄分やカルシウムといった栄養素が多く含まれているのでおすすめです。

レシピを見てくれている方へのコメント

魚料理のレパートリーって増やすのが、なかなか難しいですよね。そんな時は、魚の水煮缶!生のお魚よりも栄養価も高まっている上に、面倒な下処理もいりません。日持ちもするので、ストックしておくと便利ですよ。さっと作れて栄養価も高いこの一品、ぜひ作ってみてくださいね!

日本営業大学ビジネスコミュニケーション論