COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > タコと豆腐のさっぱりサラダ/村田英理子

タコと豆腐のさっぱりサラダ/村田英理子

  • 2021.05.28

    タコと豆腐のさっぱりサラダ/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    2020年1月に山川出版社より書籍「GOOD HABIT」を出版。海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

タコ(蒸し、茹で)100g
木綿豆腐1丁
トマト1玉
きゅうり1本
おくら3本
みょうが1本
大葉4枚
ポン酢大さじ4
わさび小さじ1/2〜(お好み)
ごま油大さじ1

作り方

1

木綿豆腐は水を切って大きめの一口大に手で割り、キッチンペーパーを敷いた耐熱容器に入れ、電子レンジで600Wで1分半加熱する(ラップはしない)

2

フライパンに薄くごま油(分量外)を入れて中火にかけ、①の豆腐の両面を焼く。焼き目が付いたら粗熱をとっておく

3

タコ、トマト、きゅうりはそれぞれ一口大に切る。おくらはさっと塩で茹でて粗熱を取り、一口大に切る

4

大きめのボウルにポン酢、わさび、ごま油を入れて泡立て器で乳化するまでよくかき混ぜ、③を入れて和える

5

④に千切りにした大葉と小口切りの茗荷をトッピングして、できあがり

調理時間20分

Point

料理のコツ・ポイント

木綿豆腐はしっかり水分を飛ばした方がおいしく仕上がります。今回は、電子レンジを使って水切りをした上で、焼いてさらに水分を飛ばす工夫をしています。

Point

タコとお豆腐を合わせて、ボリュームを出したサラダです。低脂質高タンパクなタコは、疲労回復を助ける効果のあるタウリンや抗酸化物質も豊富に含まれています。また、豆腐も「畑のお肉」と呼ばれるように、良質なタンパク源です。2種類の異なるタンパク源(タコ、豆腐)を一度にとることで、まんべんなくアミノ酸を取り入れることができ、良質な体をつくる手助けをしてくれます。
夏に旬を迎えるトマト、きゅうり、オクラなどの野菜も一緒に合わせて、ビタミン類も十分にとれる一品です。

レシピを見てくれている方へのコメント

季節の変わり目などの体調をくずしやすい時期は、旬の食材を上手に取り入れて、元気に乗り切りましょう!わさびの量はお好みで調整してくださいね。

ジャコ香るごぼうとちくわの炊き込みご飯/村田英理子