COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > サッカー指導者
ジモン・ペシュ氏(SIMON PESCH)<後編>

Protected: サッカー指導者<br>ジモン・ペシュ氏(SIMON PESCH)<後編>

  • 2021.10.01

    Protected: サッカー指導者
    ジモン・ペシュ氏(SIMON PESCH)<後編>

指導者リレーコラム

ドイツのマインツU-23で指導するジモン・ペシュ氏(SIMON PESCH)。今の仕事に就くまでの思い、そしてどのような経緯で指導者になったのか。ドイツのクラブの伝統やスタイルの背景から、現状で取り組んでいることについて聞きました。

―ドイツといえば、昨今の日本でも「ゲーゲンプレス」という言葉が浸透しつつあります。ドイツの指導者であるジモン氏から、どのような戦術か説明していただけますか?

ジモン シンプルに言うと、ボールを失った後にいち早く相手からボールを奪い返しにいくことです。

―それは、ボールを奪われた後に「取り返す」という意味ですか?

ジモン 基本的にはそうです。「ボールを失った後」ということが前提条件になる戦術です。ドイツには「その状況に応じた前線からのプレス」というように定義する指導者もいるのですが、私は「コントロールされた状態」で前線からボールにアプローチして奪いにいくことが「前線からのプレス」だと考えており、「ボールを失った直後」、いわば「コントロールされていない状態」でボールを奪いにいくことが「ゲーゲンプレス」だという認識でいます。

―実際に「ゲーゲンプレス」はドイツの全チームが取り入れている戦術なのでしょうか?

icon telephone サブスクリプション登録すると、全コンテンツが見放題!

icon telephone サブスクリプション登録で、全コンテンツ見放題!

新規登録

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

サバ缶ぺぺロンチーノ/村田英理子