COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 鶏肉ときのこの和風シチュー/栄養士 丹羽真梨菜

鶏肉ときのこの和風シチュー/栄養士 丹羽真梨菜

  • 2021.12.10

    鶏肉ときのこの和風シチュー/栄養士 丹羽真梨菜

REIBOLAレシピ

  • 丹羽 真梨菜Niwa Marina
  • Niwa Marina

    ツエーゲン金沢所属のFW丹羽詩温の妻で、食事内容やレシピについてInstagram(@athlete.food_marina)で発信している栄養士。
    京都女子大学 家政学部 食物栄養学科卒業。
    卒業後は高槻市役所 総務部 危機管理室に勤務し、防犯・防災業務に携わる。
    現在は夫の専属栄養士として、怪我予防やパフォーマンス維持が期待できる食事に力を入れている。

材料

皮なし鶏もも肉120g
しめじ1/2パック
まいたけ1/2パック
下茹で済み里芋5個
玉ねぎ1/2個
人参50g
米油大さじ1/2
150ml
無調整豆乳150ml
白味噌30g
米粉大さじ1
塩胡椒適量
山椒適量

作り方

1

しめじとまいたけは石づきをとってほぐす。玉ねぎは繊維に沿って幅5mmの薄切りにする。人参は3mmのいちょう切りにする。

2

鍋に米油を入れ、鶏肉を炒める。火が通ったら①を入れ、しんなりするまで炒める。

3

米粉を加えて混ぜる。水、里芋を入れ、具に火が通るまで中火で煮る。

4

豆乳を入れ、弱火で煮る。豆乳が温まったら火を止め、白味噌を溶く。

5

塩胡椒で味を整えたら、器に盛る。仕上げに山椒をかけたら出来上がり♪

20

Point

料理のコツ・ポイント

豆乳は、沸騰させると分離する可能性があります。弱火で加熱し、温まったら火を止めてください。

Point

人参は薄く切ることで火の通りが速くなり時短になります。
鶏肉を豚肉や生鮭に替えたり、具材に長ネギや蓮根・ごぼうを入れても美味しいです♪

レシピを見てくれている方へのコメント

本格的な冬がやってきました。
気温が下がり体の冷えによる怪我のリスクが高まる時期です。体が冷えると体内の熱を体外に逃がさないように筋肉が縮こまるので、関節の動きが悪くなり怪我を誘発してしまいます。また、体を冷やすものを食べ続けたりしていると、気付かない間に冷え性になる恐れがあります。体温が低くなると、免疫力が下がり病気にかかりやすくなります。怪我や免疫力低下を防ぐには、しっかりとウォーミングアップをしたり、食事では体を温めてくれる調理法や食材を選びましょう。
おすすめの調理法は、ぐつぐつ長時間火を通す鍋やシチューなどの「煮込み」料理です。煮込んでいるうちに部屋も暖まりホッとした気持ちになります。
食材では、里芋・大根・豆腐などが体を温め、免疫力を高めると言われています。反対に、調味料の砂糖は体を冷やす性質があると言われています。1日25g以上は摂取しないよう意識しましょう。

Vol.44 新生ガンバに思うこと。