COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 鮭の揚げない南蛮漬け/村田 英理子

鮭の揚げない南蛮漬け/村田 英理子

  • 2022.12.02

    鮭の揚げない南蛮漬け/村田 英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。著書に「GOOD HABIT(山川出版社)」。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

鮭の切り身 2枚
小麦粉 大さじ1
玉ねぎ 1/2個
パプリカ 1/2個
きゅうり 1本
ミニトマト 8個
しょうが(お好み)1片
A. 酢 大さじ3
A. 醤油 大さじ1
A. 砂糖 大さじ1
A. みりん 大さじ1
A. 水 大さじ1

作り方

1

ボウルにAをすべて入れてふんわりラップをかけ、電子レンジで600Wで1分加熱し粗熱をとっておく。

2

玉ねぎはスライスし、塩をまぶして10分置き、しっかり水気を絞っておく。パプリカときゅうりは細切りにする。ミニトマトは洗ってヘタを取り、半分に切る。しょうがは千切りにする。

3

鮭は骨を取って一口大に切り、塩胡椒をして両面に小麦粉をまぶして焼き、熱いうちに①の漬け汁に浸す。

4

③に②の野菜も加え、全体を混ぜ合わせ1時間以上味をなじませたらできあがり。

調理時間20分+1時間

Point

料理のコツ・ポイント

玉ねぎは水にさらすのではなく、塩揉みにすることで辛味をおさえています。

Point

南蛮漬けといえば揚げてから漬けるのが一般的ですが、今回は揚げずに仕上げているので、油を気にせずさっぱりとサラダ感覚でいただけます。タンパク質やビタミン類もたっぷりとれるので、風邪をひきやすいこれからの季節や、体づくりに励むアスリートにもおすすめの一品です。

レシピを見てくれている方へのコメント

いつもご覧くださりありがとうございます。運動もしやすい季節になり、知らずうちに普段よりも体の消耗が多くなっているかもしれません。良質な食事をとって、元気な身体づくりを続けていきましょう!

REIBOLA RADIO 配信中!