COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

  • 2020.08.19

    湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

REIBOLA'S CHOICE

180cm/70kg、恵まれた体格から奏でる長短と緩急のあるテンポの良いパスで、試合のタクトを振る姿は、FCバルセロナのセルヒオ・ブスケツを彷彿させる。「高校卒業後プロになって、日本代表に入りワールドカップで優勝したい。」自身の夢の為にも、高校サッカー選手権での全国制覇を狙う。興国高等学校3年、湯谷杏吏。

広島県広島市出身。2歳上の兄の影響で幼稚園からサッカーを始める。
とにかくサッカーを楽しんでいた幼少時代は、小学1年からサンフレッチェ広島下部組織のスクールに入り、小学2年でサンフレッチェ広島ジュニアのセレクションに合格。小学3年からサンフレッチェ広島ジュニアに入団する。父がよく連れて行ってくれた、サンフレッチェ広島の試合を見て、いつか自分もあの舞台に立ってプレーしたいと思い始める。小学6年時の全日本少年サッカー大会では得点を量産するなど、サンフレッチェ広島ジュニアユースの3次セレクションも順調に合格しジュニアユースに上がる。
ジュニアユースに上がってからは、中学2年でユースチームの公式戦に出場するなど期待もされるが、「メンタルの部分で成長できた。」と言うように、ケガをしてしまい、復帰後もその焦りなどから、なかなか自分のプレーが出来ずに、ユースへ昇格することができなく悔し思いをした。
高校は両親が大阪出身ということもあり、大阪の高校への進学を考えた時に興国のサッカースタイルが自分に合っていると考え、興国高等学校に進学する。「興国はみんな個人スキルが高く、上手いやつがいっぱいいたから、ワクワクの方が大きかった。」高校でライバル達と日々競い合いながら自身のスタイルを確立。
高校最後の年、自身の夢の為にもパスで攻撃のタクトを振り、名門興国を全国制覇へと導く。

text by Hideo Tanaka

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

Vol.12 ピッチ上での『言い合い』が生む結束。すべては勝つために。