COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > Vol.4 リーグアン

Vol.4 リーグアン

  • 2023.01.31

    Vol.4 リーグアン

太田徹のフランス珍道中

フランスは、シーズン前半戦が終わりナントは勝ち点21の13位。あまり良い出来ではなかった前半戦ではありますが、やっぱりヨーロッパリーグとリーグ戦を両方戦うという難しさを学んだ前半戦でもありました。ワールドカップ以降は4試合で勝ち点8を獲得出来たので、この調子で後半戦に臨んでいきたいですね!
そんなリーグアンですが、欧州5大リーグの1つに数えられています。スター選手を買い漁っているパリサンジェルマンが注目される中、今シーズンは、以前からプレーしているストラスブールの川島選手に加えて、南野選手がモナコ、伊東選手がランスに移籍、昇格組のトゥールーズにはオナイウ選手が在籍しており、リーグアンが日本でも注目されるようになったかな、と思います。
ですが、他の4大リーグと比較すると地味な感は否めず、今働いていながらとても失礼なんですが、僕が日本にいた頃「ナント、ナンシー、カーン、カンヌ、レンヌ、、、名前が似たようなクラブばかりで、選手もイマイチよくわからない。」というのがリーグアンの印象でした。そこで今日はリーグアンについて話をしたいと思います。

リーグアンを知る上で欠かせないのが、フランスという国の文化と歴史です。フランスは多くの移民を受け入れるというベースがあり、特に多くのアフリカ系のルーツを持った人種が存在します。従って、多くの選手が身体能力に優れたアフリカ系です。
そのベースがある上に、ヨーロッパの中でも歴史的に一早く選手育成に力を入れたのがフランスです。そのノウハウを活かして多くの若手選手がリーグアンでデビューし、ビッグクラブへと移籍していきます。あるクラブのフロントの人から、プレミアリーグのクラブのスカウトの多くはフランスを最優先として若手発掘を行っているという話も聞きました。モウリーニョ監督もチェルシー在籍時代のインタビューで、「フランスでプレーした選手は育成のレベルが高いので技術・戦術・フィジカル面ではトップレベルでプレーする準備が出来ている。」なんてことも言っていました。

https://reibola.com/wp-content/uploads/2023/01/Ota_sp_04.jpg

このような理由からフランスリーグの特徴として身体能力を活かしたダイナミックなサッカー、というのが特徴に挙げられます。また、どのチームにも足が速いフォワード、ウイングがいるので攻撃時のバランスが悪かったり、攻守の切り換えで隙を見せれば、すぐに高速カウンターでピンチが訪れます。パリサンジェルマン時代に一緒に働いたスペイン人の友人は、「フランスのフットボールはトランジションフットボールだ。」といつも言っていました。今シーズンはヨーロッパリーグで、堂安選手のフライブルグ、ギリシャの名門オリンピアコス、アゼルバイジャンのカラバフというクラブと当たりましたが、攻守の切り替えの怖さ、に関してはリーグアンで鍛えられているので、怖さを感じることはありませんでした。笑

そんな中ここ数年リーグアンにも変化が起こりつつあり、トゥヘル、ポチェッティーノ、ビエルサ、サンパオリ、パウロフォンセカなどの多くの外国人監督が就任したり、攻撃的なサッカーのアイディアを持ったフランス人監督などが出てきたことで、個人能力に頼ってきたリーグアンのサッカーから、より魅力的かつ戦術的なサッカーをするチームが増えてきています。また、スカウト網の発達によりオランダやベルギー、北欧のクラブなどから多くの外国人選手が移籍してきていることもあり、この変化はまだまだ続いていくという感じです。よく「サッカーは日々進化している。コーチは勉強するのは辞めたら、それはコーチを辞める時だ。」なんて言葉を耳にしますが、ここ数年でこれだけ変化があれば、そりゃあっという間に時代遅れのコーチになるなというのを実感しています。

フランスに来た当初は部屋にテレビもなかったため、寮の地下室の共同のテレビ部屋を占領してリーグアンを見ていました。そんな時代を思い出しつつ、ラッキーと時間さえあればなんとかなるもんだなと思ったりもします。笑
次回はヨーロッパリーグプレーオフ、ユベントス戦が近づいてきているのでそのヨーロッパリーグについて書きたいと思います。非常に浅い、大雑把なリーグアンの紹介ではありましたが、今回はこれくらいで!

  • 太田 徹Toru Ota
  • Toru Ota

    1981年07月11日生まれ。
    東京都出身。
    武南高校から獨協大学へ進学。東京リゾート&スポーツ専門学校アスレティックトレーナー学科を経て、リヨン第一大学フィジカルトレーニング学部に進む。
    2011-2016オリンピックリヨン女子トップチーム フィジカルコーチ、2016-2018パリ・サンジェルマン女子トップチームアシスタントコーチ、2019-2020トゥールーズFC 昌子源通訳兼トップチームフィジカルコーチ、2021から現在は、FCナントトップチームアシスタントコーチを務めている。
    2022フランスカップ優勝や、 2011,2012,2016UEFA女子チャンピオンズリーグ優勝など実績と経験を兼ね揃え、現在も活躍中である。

  • アカウント登録

  • 新規会員登録の際は「プライバシーポリシー」を必ずお読みいただき、ご同意の上本登録へお進みください。

ガンバ大阪・半田陸が戦列復帰へ。
「強化した肉体とプレーがどんなふうにリンクするのか、すごく楽しみ」