COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 参鶏湯(サムゲタン)/管理栄養士 スポーツフードアドバイザー 坂本星美

参鶏湯(サムゲタン)/管理栄養士 スポーツフードアドバイザー 坂本星美

  • 2021.02.19

    参鶏湯(サムゲタン)/管理栄養士 スポーツフードアドバイザー 坂本星美

REIBOLAレシピ

  • 坂本 星美Sakamoto Hoshimi
  • Sakamoto Hoshimi

    管理栄養士/食育料理研究家として、食育企画やレシピ、商品開発に携わる。3年前からアジアの最貧国「ネパール」で食育活動をしながら、スパイス・薬膳について研究し、商品開発を手がけている。
    また、自身のYoutube料理チャンネルでは、世界でも人気のある日本のアニメキャラクターに変身し、作品に登場する料理やキャラクターを模した料理を作ったり、料理のお姉さんとして食育動画を配信している。

    管理栄養士/スポーツフードアドバイザー/トータルフードコーディネーター/薬膳インストラクター/第5期みそ汁大使/豆腐マイスター/食品添加物エキスパート/中級食品表示診断士

材料

鶏手羽元6〜8本
長ねぎ1本
生姜1片
にんにく1片
もち米大さじ3(普通米でもOK)
大さじ3
ごま油小さじ1
小さじ1/2弱
こしょう適量
3カップ

作り方

1

炊飯器に手羽元、塩、こしょう、米、ねぎ(薄切り)、にんにく・しょうが(すりおろし)、酒、ごま油、水を入れ、炊飯のスイッチを入れます。

2

完全に火が通っているのを確認し、器に盛り付けたら完成です。

調理時間10分

Point

料理のコツ・ポイント

・免疫力を上げてくれる、からだを温める根菜類(大根、にんじん、ゴボウ、レンコン、タマネギ)を追加することをおすすめします。
・塩加減は、お好みで調整してください。
・大きめの手羽先でも美味しく作れます。
・もち米の代わりに普通のお米でも代用できます。
・お好みでキムチを添えて食べると、またおいしくお召し上がりいただけます。
・炊飯スイッチを押してから、1時間以上経っても加熱が終わらない場合は、手羽元の熱の通り具合を見て火が通っていたら途中で加熱を止めてください。
・炊飯器の機種によっては炊飯以外の調理に適さない場合があります。ご使用の炊飯器の取扱説明書をご確認のうえ、調理してください。

Point

本来は丸鶏を使い、お腹にもち米などを詰めて煮込む韓国の定番料理「参鶏湯(サムゲタン)」ですが、今回は、おうちでお手軽に再現できるように鶏手羽元でアレンジしました。
炊飯器での調理なのに鶏肉からの旨味がたっぷり本格的な味に仕上がります。柔らかくホロホロになった鶏肉と、もち米でとろみがついてシンプルですがとっても滋味深い風味です。
また、からだを温める食材も積極的に摂取して、免疫力を高めていきましょう。免疫力を高めるために、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事をとることがとても大切です。
「カラダを温める食材」といえば、大根、にんじん、ゴボウ、レンコン、タマネギなど土の中で成長する野菜類や、ショウガやネギなどの香味野菜。肉、魚、卵、大豆加工品など、タンパク質を多く含む食材も身体を温めてくれます。色々な食材を入れて、アレンジしてみてください。

レシピを見てくれている方へのコメント

サムゲタンの主な材料は、鶏肉とお米です。鶏肉が材料なので、タンパク質をしっかりと摂ることができます。
鶏肉にはタンパク質の他にもビタミンAという栄養素も多く含まれています。ビタミンAには、粘膜に作用してウイルスや細菌などから身体を守る働きや、肌や目の健康を保つ働きがあります。アスリートには必要不可欠の栄養素ですね。
また、お米も一緒に摂取できますので活動するためのエネルギー源となる糖質もしっかり補給することができます!身体の調子を整えるお野菜も一緒に摂取して、強い身体を作っていきましょう。
ぜひお試しください。

第23回日本フットボールリーグ第4節 FC TIAMO枚方 VS 松江シティFC