COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 豚しゃぶそうめん カッペリーニ風/村田英理子

豚しゃぶそうめん カッペリーニ風/村田英理子

  • 2021.06.25

    豚しゃぶそうめん カッペリーニ風/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    2020年1月に山川出版社より書籍「GOOD HABIT」を出版。海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

豚しゃぶ用スライス200g
トマト1個
モッツァレラチーズ 1個(100g)
めんつゆ(ストレート)大さじ4
オリーブ油大さじ2
大さじ1
ひとつまみ
そうめん2人分
バジルお好み

作り方

1

小さめの鍋に豚を茹でる用、大きめの鍋にそうめんを茹でる用のお湯を沸かす。

2

お湯を沸かしている間に、トマトとモッツァレラチーズを1cm角に切ってボウルに入れ、オリーブ油(大さじ1)と塩を入れて混ぜ合わせる。

3

①の小さめの鍋のお湯が沸騰したら、酒を加え、豚肉に火を通す。冷水にはひたさず、ザルにあげて粗熱をとる。

4

①の大きめの鍋でそうめんを手早く茹で、氷水でしっかり冷やす。

5

皿に水気を切ったそうめんを盛り、③の豚、②のトマトとモッツァレラチーズをトッピングし、めんつゆ・オリーブ油(残りの大さじ1)をかけてできあがり。お好みでバジルをトッピングしても良いです。

調理時間15分

Point

料理のコツ・ポイント

お肉を入れたらお湯の温度が下がるので、ふたたび沸騰するまでにお肉はお鍋から上げるのが、しっとり仕上げるポイント!冷水にはひたさず、ザルにあげて粗熱をとります。

Point

暑い夏の定番のそうめん。喉越しがよく、食欲のないときにも箸が進みやすいですが、どうしてもそうめんの糖質ばかりに栄養が偏りがちです。今回は、疲労回復や運動前後のエネルギー回復に最適な豚肉と、抗酸化作用が高いトマトを合わせて、洋風そうめんにアレンジしました。食べなじみのあるめんつゆをベースにしながら、オリーブ油やバジルの香りをプラスして、食欲が落ちているタイミングでも食べやすい一品です。

レシピを見てくれている方へのコメント

夏バテがこわい季節になってきました。食欲の低下の裏には、エネルギー不足や水分不足がかくれている可能性があります。そうめんの糖質は、豚肉のビタミンと食べ合わせることで、体内への吸収効率も高まります。素早く効率のよいエネルギー回復を助けながら、そうめんやトマトに含まれる水分もチャージできます。夏バテを感じる前に、ぜひ作ってみてください。

サッカー指導者ジモン・ペシュ氏(SIMON PESCH)<前編>