COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > サバ缶ぺぺロンチーノ/村田英理子

サバ缶ぺぺロンチーノ/村田英理子

  • 2021.10.22

    サバ缶ぺぺロンチーノ/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。著書に「GOOD HABIT(山川出版社)」。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

スパゲッティ200g
サバ水煮缶1缶(汁ごと使う)
ほうれん草2束
ミニトマト6個
にんにく1片
オリーブ油大さじ2

作り方

1

お鍋にお湯を沸かし塩(分量外)を入れ、スパゲッティを表示時間より2分短めに茹でる。

2

ほうれん草は4cmのざく切り、ミニトマトは半分に、にんにくはみじん切りにする。

3

フライパンにオリーブ油と②のにんにくを熱し、香りが立ってきたらほうれん草・ミニトマト・サバ缶(身・汁すべて)を加えて炒め、お好みで塩・胡椒で味を整える

4

茹で上がった①と茹で汁お玉2杯分を加えて、全体を炒め合わせてできあがり

調理時間15分

Point

料理のコツ・ポイント

サバ水煮缶の汁まで余すとこなく使い、旨みと良質な脂質を丸ごといただきます。

Point

サバはDHAやEPAといった良質な脂質が多く含まれるお魚です。この良質な脂質には、細胞膜や血管を強くしたり、血液のめぐりを良くしたりする効果が期待できます。酸素や栄養素を身体中にしっかり運ぶためにも、積極的にとりたい脂質のひとつです。
また、サバは、生の切り身よりもサバ缶の状態のものを使うと、下ごしらえが楽なうえに、カルシウムや鉄分などの不足しがちな栄養素も多く摂取することができます。栄養の宝庫であるサバ缶の栄養素と旨みを無駄なく食べられる一品です。ほうれん草やトマトに含まれるビタミンは加熱に弱いので、さっと仕上げるのがポイントです。

レシピを見てくれている方へのコメント

スパゲッティを茹でている間にサッとできてしまう具材と合わせた簡単パスタです。栄養の宝庫であるサバ水煮缶はストックしておくと慌ただしい毎日の心強い味方になってくれるので、ストック食材のアレンジレシピとして、ぜひ作ってみてくださいね。

〜REIBOLA presents〜2021.Copa Azuflagy U-14