COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > にんじんとハムのチヂミ/村田英理子

にんじんとハムのチヂミ/村田英理子

  • 2022.06.17

    にんじんとハムのチヂミ/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。著書に「GOOD HABIT(山川出版社)」。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

にんじん小1本
ハム4枚
じゃがいも1個
小麦粉大さじ2
めんつゆ(ストレート)大さじ1
ごま油適量

作り方

1

にんじんは皮をむき千切りにする。ハムもにんじんとサイズを合わせて千切りにする。

2

ボウルに①を入れ、じゃがいもの皮をむいてすりおろしたもの、小麦粉、めんつゆを加えてよく混ぜる。

3

ごま油を薄くひいて熱したフライパンに、4等分にした②の生地を並べ、両面焼き色がつくまで焼いてできあがり。

調理時間15分

Point

料理のコツ・ポイント

今回はじゃがいものでんぷん質を利用するために水にはさらしません。じゃがいもは水にさらさないと変色しやすいので、他の具材をすべて揃えてから手早く皮をむいてすりおろして使います。

Point

にんじんが主役の彩り鮮やかなチヂミです。生地にじゃがいもをすりおろして使うことで、もっちり感と栄養価がアップします。じゃがいもに最も多いのは糖質ですが、植物性たんぱく質や抗酸化作用のあるビタミンC、余分な塩分を排出するカリウムなども豊富に含まれています。にんじんの食感とおやつ感覚でパクパク食べられる気軽さが後を引きます。両面をしっかり焼いてカリッと仕上げるのがおすすめです。

レシピを見てくれている方へのコメント

いつもレシピをご覧くださりありがとうございます。このチヂミは冷凍保存もできるので、多めに作っておけば、さっと食べられる補食にもなります。暑さや湿気が増えてきて、体力消耗が激しくなる時期です。健康的に食べて、元気に過ごしましょう!

NOW ON AIR

00:00