COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > ひき肉とレタスのエスニック炒め/村田 英理子

ひき肉とレタスのエスニック炒め/村田 英理子

  • 2023.07.28

    ひき肉とレタスのエスニック炒め/村田 英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。著書に「GOOD HABIT(山川出版社)」。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

豚ひき肉200g
レタス大1/2玉
トマト1玉
パクチー(お好み)1株
にんにくみじん切り大さじ1
A. ナンプラー小さじ2
A. レモン汁小さじ1
A. 砂糖ひとつまみ
ごま油
塩・胡椒

作り方

1

レタスはよく洗って大きめの一口大に手でちぎって水気を切る。トマトは洗ってヘタを取って1cm角に切る。パクチーはざく切りにする。

2

フライパンにごま油を入れて中火にかけ、豚ひき肉を入れて塩胡椒を振って焼き付け、ピンク色になったらニンニクのみじん切りと❶のトマト、Aをを加え、全体に火が通るまで炒める。

3

❷に❶のレタスを加え、レタスが少ししんなりして馴染むまで1分ほど炒めたら火を止めて器に移し、お好みでパクチーを盛ってできあがり。

調理時間15分

Point

料理のコツ・ポイント

レタスは余熱でどんどん火が通ってしまってしんなりしやすいので、できあがったらすぐにお皿に移しましょう。

Point

エスニック料理は暑い地域で食べられるお料理なので、火を使う時間を短く作ることができ、暑い夏の台所にぴったりです。生で食べるイメージの強いレタスも、火を通すとカサが減ってたくさん食べやすくなります。ひき肉は、今回は夏バテの予防改善にも効果がある豚ひき肉を使っていますが、鶏ひき肉を使うとよりヘルシーに筋肉作りを助ける食べ合わせにアレンジすることができます。

レシピを見てくれている方へのコメント

いつもご覧くださりありがとうございます。毎年のように暑さが増す夏ですが、よりよく食べて、適切な水分補給と休養で、元気に夏を過ごしましょう!

ガンバ大阪・半田陸が戦列復帰へ。
「強化した肉体とプレーがどんなふうにリンクするのか、すごく楽しみ」