COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 疲労回復「夏野菜と豚肉のピリ辛味噌炒め」/スポーツフードアドバイザー岩本恵美加

疲労回復「夏野菜と豚肉のピリ辛味噌炒め」/スポーツフードアドバイザー岩本恵美加

  • 2020.06.26

    疲労回復「夏野菜と豚肉のピリ辛味噌炒め」/スポーツフードアドバイザー岩本恵美加

REIBOLAレシピ

  • 岩本 恵美加Iwamoto Emika
  • Iwamoto Emika

    ベジタブル&フルーツアドバイザー/スポーツフードアドバイザー

    日頃から栄養について調べ人に教えるのが好きで、確かな知識を得て趣味を仕事にも活かせたらと思い資格を取得。
    趣味はサッカー観戦。
    静岡県でイベントMCやリポーターをしている。

材料(2人分)

豚肉(肩ロース切り落とし)200mg
たまねぎ1/2個
赤パプリカ1
ズッキーニ1
にんにく1片
しょうゆ大さじ1/2
ごま油小さじ1/2 x 3
片栗粉大さじ1
★酒、みりん、みそ各おおさじ1
★はちみつ小さじ1
★しょうゆ小さじ1
★豆板醤小さじ1/2

作り方

1

★の調味料を合わせておく

2

にんにくをすり下ろし、たまねぎは繊維に沿って薄切り、パプリカはくし切り、ズッキーニは乱切りにする。豚肉は片栗粉を揉み込んでおく。

3

フライパンにごま油小さじ1/2とにんにくを入れ、中火で熱し、香りが立ってきたら豚肉を入れて炒める。

4

豚肉の色が変わったら一旦取り出す。

5

ボウルにたまねぎ、ズッキーニ、ごま油小さじ1を入れて絡め、肉を焼いたフライパンに入れる。火をつけ弱火で焼く。(野菜を油でコーティングしてから弱火で焼く事でシャキシャキした野菜に仕上がります)

6

焼いている間にボウルにパプリカを入れ、ごま油小さじ1/2と絡めておく。

7

全体がしんなりしてきたら④の豚肉を入れ、肉に完全に火が通ったらパプリカを入れる。

8

①を回し入れ強火でサッと炒めて完成。

10〜15

Point

料理のコツ・ポイント

【疲労回復効果】

ハードな練習が続く日の食卓に取り入れて頂きたい一品です。

[動画] 効率よく野菜やお肉の栄養を吸収させるためには…
調理方法でこんなにも違いがあるとは!!

Point

今回使用したにんにく、たまねぎは豚肉と合わせる事で高い疲労回復効果が期待できます。

豚肉に含まれるビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがある他、疲れの原因になる乳酸が溜まるのを防ぐ働きもある為に疲労回復効果が期待でき、スポーツ選手には特に欠かせない栄養素です。

そのビタミンB1の吸収率を高め体内で効果を持続させてくれるのが、にんにくやたまねぎに含まれるアリシン。定番の組み合わせですね。そこに今回は夏野菜のズッキーニとパプリカをプラスしました。

夏野菜には疲労回復や食欲増進の効果がある成分が含まれているのでこれからの時期、積極的に取り入れたい野菜です。

ズッキーニにはカリウムが豊富に含まれているので、足がつったり、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ効果が期待出来ます。

赤パプリカにはビタミンA(※)・C・Eが豊富に含まれています。ビタミンCにおいては野菜の中ではトップクラス!そして、この3種のビタミンは抗酸化ビタミンと呼ばれ、活性酸素を除去する働きがある為、パフォーマンス向上に期待します。

ビタミンACEを一緒にとると抗酸化力がアップするのでパプリカはとても優秀。ハードな練習が続く日にはビタミンの消費も激しいのでぜひ取り入れて頂きたい野菜です。

夏野菜は彩りも良く目にも嬉しい一品に。ぜひお試し下さい。

※パプリカにはβカロテンが含まれていて、そのβカロテンが体内でビタミンAに変わります。

Vol.12 ピッチ上での『言い合い』が生む結束。すべては勝つために。