COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > ひじきとベーコンの炒め煮/村田英理子

ひじきとベーコンの炒め煮/村田英理子

  • 2021.07.23

    ひじきとベーコンの炒め煮/村田英理子

REIBOLAレシピ

  • 村田 英理子Murata Eriko
  • Murata Eriko

    プロラグビー選手の夫 村田毅(むらたつよし)の食事サポートをしながら、より多くの人に「GOOD HABIT良い食習慣」を続けてほしいと願い、InstagramやTwitterで日々の工夫を発信。
    2020年1月に山川出版社より書籍「GOOD HABIT」を出版。海外営業職とアスリートサポートを両立するなかで確立した、よりシンプルに効率よく、質の高い食事を作るメソッドや、実生活に寄り添ったレシピは、運動習慣のある人だけでなく料理初心者にも好評。
    企業や教育機関での講演活動や、コラム執筆、など幅広く手掛ける。
    Instagram:
    @athlete.food_eriko.murata

材料

ひじき水煮1缶(110g)
大豆水煮1缶(120g)
ベーコンハーフ5枚
にんじん5cm分
にんにく1片(小さじ1)
醤油 大さじ2
みりん大さじ2
ごま油大さじ1/2

作り方

1

ひじき水煮と大豆水煮はザルにあけ、軽く洗って水気を切っておく(乾燥を戻して使用も可)。ベーコンとにんじんは、3mm幅の細切りにし、にんにくはすりおろす。

2

フライパンにごま油を入れて中火にかけ、①のベーコン・にんじん・にんにくを加えて3-4分炒める。

3

②に①の大豆を加え、さらに3-4分炒め、ひじきを加えて全体をよく炒め合わせて水分を飛ばす。

4

③に醤油・みりんを加えて全体を混ぜ、蓋をして1分蒸し、蓋を取って水分を飛ばすまで炒めてできあがり。

調理時間15分

Point

料理のコツ・ポイント

フライパンでサッと炒めてから蒸し煮にすると、あっという間に火が通るので、暑い日の調理方法としておすすめです。

Point

鉄分などのミネラルやたんぱく質をしっかり補える一品です。ひじきといえば和風の煮物が定番ですが、ベーコンやニンニクの香りが食欲をそそる洋風おかずにしています。そのまま食べてももちろん良いですが、ご飯に混ぜたり冷奴のトッピングにしたりするアレンジもおすすめです。一度作れば日持ちもするので、毎日少しずつ食べて栄養バランスを整えていきましょう。

レシピを見てくれている方へのコメント

「ひじきの煮物って、なかなか子供が食べなくて…」というお悩みの声から生まれたレシピです。お子さまにも食べやすいと思いますので、ぜひお試しください。小さいおかずで栄養バランスを改善させ、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

Vol.32 『チーム』で戦うということ。