COLUMN

REIBOLA TOP > コラム > 指導者リレーコラム

CATEGORY

  • Vol.14 法隆寺FC U-15監督/倉内清共

    2020.03.04 指導者リレーコラム

    Vol.14 法隆寺FC U-15監督/倉内清共

    大学卒業後、生まれ育った奈良の地に戻り『サッカー』と深く関わりながら生きてきた。95年に地元の強豪校、平群中学校に赴任してからは、故・中瀬古宣夫氏との出会いによってサッカー感に大きな刺激を受け、それが指導者としてのベースになった。「サッカーにおいても、人としても子供から大人への移行期」だと話す『ジュニアユース年代』の選手育成に面白さを見出し、熱くも、温かくも選手に寄り添いながら育成に力を注ぐ、倉内清共監督に話を聞いた。

  • Vol.13 FC Liens U-15ヘッドコーチ/小谷泰監督

    2020.02.04 指導者リレーコラム

    Vol.13 FC Liens U-15ヘッドコーチ/小谷泰監督

    もともとは、教員として中体連の部活動で指導にあたっていたが、大阪市立今市中学校に赴任後、部員減少を機に、クラブチーム発足を決意。11年に大阪の地にFC Liensを立ち上げ、U-15ヘッドコーチに就任した。指導する環境は変わっても、その情熱は衰えを知らず、むしろ年々高まっている印象だ。選手の人間性を育みつつ、『ボールを持てる選手に育てたい』という言葉の裏にある狙いとはー。

  • Vol.12 STFC.Partida/田中章博総監督

    2020.01.06 指導者リレーコラム

    Vol.12 STFC.Partida/田中章博総監督

    日本サッカー界の父と呼ばれるデットマール・クラマー氏との出会いなど、様々な刺激を受けながら、アカデミー世代の指導は40年以上を数える。時代の流れに応じて『育成』の形は変化させても、その情熱やサッカー愛は一貫して、深く、熱い。たくさんの『栄養』を与えながら、選手の成長を促す育成のスペシャリストに話を聞いた。

  • Vol.11 大阪体育大学/松尾元太監督

    2019.12.04 指導者リレーコラム

    Vol.11 大阪体育大学/松尾元太監督

    今年の関西学生リーグ1部で優勝した大阪体育大学サッカー部。伝統的に『守備』力を誇るチームとあって、昨年に続きリーグ最少の16失点で、全日本大学サッカー選手権大会への出場を決めた。同大学を率いるのは、かつては名古屋グランパスや京都サンガFCでもプレーした元Jリーガー、松尾元太監督。就任3年目を迎える若き指揮官の熱に触れた。

  • Vol.10 履正社高校/平野直樹監督

    2019.11.04 指導者リレーコラム

    Vol.10 履正社高校/平野直樹監督

    13、14年には激戦区の大阪府予選を勝ち抜いて全国高校サッカー選手権大会に出場。ベスト8進出を決めた履正社高校サッカー部。今年の同予選でもベスト8に駒を進めるなど、大阪府の強豪校の1つとして知られた存在だ。同サッカー部が創部した時から監督を預かり、指導に熱を注いできた平野直樹監督の育成理念に触れた。

  • Vol.9 京都橘高校/米澤一成監督

    2019.10.04 指導者リレーコラム

    Vol.9 京都橘高校/米澤一成監督

    「近年、岩崎悠人(コンサドーレ札幌)や仙頭啓矢・小屋松知哉(京都サンガ)など、Jリーガーを多数輩出している京都橘高校サッカー部。今夏に開催された、2019インターハイ高校サッカー男子でも、準決勝に進出し3位の成績をおさめた。同校を全国区のチームへと育てた就任19年目の米澤一成監督に話を聞いた。」

  • Vol.8 京都F.C.長岡京 代表/永尾健次

    2019.09.04 指導者リレーコラム

    Vol.8 京都F.C.長岡京 代表/永尾健次

    出身地である京都の地で京都FC長岡京を立ち上げたのは永尾健次代表が20歳のとき。以来、自身は様々な仕事を経験しながらチームの運営を行ってきた。その中でも育まれたサッカー感、この年代で落とし込むべきだと感じていることは何なのか。今年で23年目を迎える同クラブの育成理念を聞いた。

  • Vol.7 日ノ本学園高等学校 女子サッカー部監督/田邊友恵

    2019.08.19 指導者リレーコラム

    Vol.7 日ノ本学園高等学校 女子サッカー部監督/田邊友恵

    今月上旬に行われたインターハイでは、惜しくも決勝で敗れたものの、過去、同大会に9度出場し、6回の優勝を誇る日ノ本学園女子サッカー部。今年で就任8年目を迎えた、元なでしこ選手の田邊友恵監督のサッカー感、指導の工夫、今後の野望とはーー。

  • Vol.6 虎ジュニアU-12監督/小山元敬

    2019.08.05 指導者リレーコラム

    Vol.6 虎ジュニアU-12監督/小山元敬

    サッカースクール『ドリブル虎の穴』からスタートし、現在は、虎ジュニアU-12の監督を務める小山元敬。細かなステップとタッチで独特のリズムを刻む『ドリブル』にこだわる理由とジュニア年代の育成に描くものとは?

  • Vol.5 西宮サッカースクールジュニアユース監督/谷元希

    2019.07.19 指導者リレーコラム

    Vol.5 西宮サッカースクールジュニアユース監督/谷元希

    1976年に発足した歴史ある西宮サッカースクールで自身もかつてはプレーし、06年からはジュニアユースチームの監督を務める谷元希。『すごい選手』を育てたいと話す、氏のサッカー感や選手育成への思いを聞いた。