COLUMN

REIBOLA TOP > コラム

LIST

  • 茹で豚トマトニラだれ/フードコーディネーターりこぴん

    2020.08.21 REIBOLAレシピ

    茹で豚トマトニラだれ/フードコーディネーターりこぴん

    REIBOLAレシピでは、スポーツ選手には欠かせない栄養バランスを考えた食事レシピを配信していくコーナーです。
    今回は、若手フードコーディネータのりこぴんさんが「茹で豚トマトニラだれ」のレシピを公開!!
    それぞれの食材を上手に取り入れる事で「栄養補給」「夏バテ予防」「疲労回復」効果が期待できます。
    豚肉は疲労回復に効果的なビタミンB1を多く含みます。豚肉を調理するポイントは、茹でる時にお酒を入れ事でお肉が柔らかくなります。
    その他、トマトは体の熱を冷ます、ニラは食欲不振、ごまは体の余分な熱をとる、など今回使用した食材には様々な効果が期待できます。今回も簡単ですぐ作れるレシピとなっております。
    さっぱりでスタミナ満点なので、是非試してみてください!

  • Vol.23 広州恒大淘宝足球倶楽部 U-17監督/高畠勉

    2020.08.20 指導者リレーコラム

    Vol.23 広州恒大淘宝足球倶楽部 U-17監督/高畠勉

    かつて川崎フロンターレの監督を務めるなど、日本での高い指導実績を持ちながら、2016年に中国に渡り、中国のトップリーグに所属する河北華夏幸福足球倶楽部のU-17チームの監督に就任。同クラブで4年間指導して契約満了を迎えた今、再び中国に渡って育成年代の指導に携わろうとしている高畠勉さんに、中国と日本の若手選手の能力の違いや、中国で指導することの意味、そこでの苦労話などをお聞きしました。

  • 湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

    2020.08.19 REIBOLA'S CHOICE

    湯谷杏吏(ゆたにあずり) 興国高等学校3年生MF

    180cm/70kg、恵まれた体格から奏でる長短と緩急のあるテンポの良いパスで、試合のタクトを振る姿は、FCバルセロナのセルヒオ・ブスケツを彷彿させる。「高校卒業後プロになって、日本代表に入りワールドカップで優勝したい。」自身の夢の為にも、高校サッカー選手権での全国制覇を狙う。興国高等学校3年、湯谷杏吏。

  • Vol.10 センターバックとは?②

    2020.08.18 発源力

    Vol.10 センターバックとは?②

    ガンバ大阪のDF昌子源による連載コラム。
    その時々のテーマに沿って、素直な胸の内を明かします。
    ここでしか聞けないとっておきの話も含め、源ワールドをお楽しみください。

  • Vol.55 伊賀FCくノ一三重/MF安齋結花

    2020.08.17 フットボーラーズファッション

    Vol.55 伊賀FCくノ一三重/MF安齋結花

    サッカー選手のプライベートファッションをお届けします。
    あの選手の一押しコーディネートをチェック!

  • レンジで簡単 豚肉のさっぱりレモン蒸し/フードコーディネーター池田るり

    2020.08.14 REIBOLAレシピ

    レンジで簡単 豚肉のさっぱりレモン蒸し/フードコーディネーター池田るり

    REIBOLAレシピでは、スポーツ選手には欠かせない栄養バランスを考えた食事レシピを配信していくコーナーです。
    今回は、フードコーディネーター/食生活アドバイザーの池田るりさんがレンジで簡単に作れる「豚肉のさっぱりレモン蒸し」のレシピを公開!
    夏バテ防止効果・疲労回復効果が期待できるレシピとなっております。
    レモンは、豚肉に含まれているタンパク質やビタミンB1の吸収率を上げてくれるので一緒に摂るとより効果的です。
    暑い夏の日にキッチンで火を使って料理するのは大変ですが、このレシピは火を使わないので簡単に料理ができます!

  • Vol.9 自分を知り、相手を知る

    2020.08.13 BRAIN〜ズミの思考〜

    Vol.9 自分を知り、相手を知る

    昨年、現役引退を決断し、FC TIAMO枚方の監督として新たなキャリアをスタートさせた小川佳純。指導者として、サッカー人として、一人の人間として日々、何を思い、どんなことを考えているのか。その脳にある思考を、彼自身が自分の言葉で明らかにしていく。

  • 田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

    2020.08.12 REIBOLA'S CHOICE

    田中康介(たなかこうすけ) 立命館大学4年生MF

    「この期間を耐え凌ぐのではなく、進化する期間にしよう。」日常が奪われたこのコロナ禍で、自分自身と向き合い見つめ直す時間ができた。これまでたくさんの逆境とピンチを自分への原動力に変え、ハングリー精神で結果を出してきた。だからこそ、必ずプロになりサッカーを通して周りの人に影響を与えらるような選手になりたい。パス、ドリブル、テクニックなど全てが高いレベルで、いろいろなポジションがプレーできるポリバレントプレーヤー。立命館大学4年、田中康介。

  • OSAKA PRIDE 2020

    2020.08.11

    OSAKA PRIDE 2020

    日本最大級のサッカー施設でナショナルトレーニングセンターのJ-GREEN堺は、8月12日から3日間、大阪府内の中高校生のためのサッカー大会「OSAKA PRIDE 2020」を開催する。

    PR

  • Vol.54 ノジマステラ神奈川相模原/MF川島はるな

    2020.08.10 フットボーラーズファッション

    Vol.54 ノジマステラ神奈川相模原/MF川島はるな

    サッカー選手のプライベートファッションをお届けします。
    あの選手の一押しコーディネートをチェック!

Vol.19 悩んだ末の決断を、2021年の力に。