COLUMN

REIBOLA TOP > コラム

LIST

  • Vol.18 2021シーズン始動

    2021.01.28 BRAIN〜ズミの思考〜

    Vol.18 2021シーズン始動

    現役引退を決断し、FC TIAMO枚方の監督として新たなキャリアをスタートさせた小川佳純。指導者として、サッカー人として、一人の人間として日々、何を思い、どんなことを考えているのか。その脳にある思考を、彼自身が自分の言葉で明らかにしていく。

  • Vol.78 ギラヴァンツ北九州所属/DF岡村和哉

    2021.01.25 フットボーラーズファッション

    Vol.78 ギラヴァンツ北九州所属/DF岡村和哉

    サッカー選手のプライベートファッションをお届けします。
    あの選手の一押しコーディネートをチェック!

  • バナナパンプディング/管理栄養士 スポーツフードアドバイザー 坂本星美

    2021.01.22 REIBOLAレシピ

    バナナパンプディング/管理栄養士 スポーツフードアドバイザー 坂本星美

    REIBOLAレシピでは、スポーツ選手には欠かせない栄養バランスを考えた食事レシピを配信していくコーナーです。
    今回は、管理栄養士/スポーツフードアドバイザーの坂本星美さんのレシピ「バナナパンプディング」を公開!!
    風邪予防、疲労回復に効果的で、アスリートの捕食や間食にぴったりです!捕食は、朝昼晩の3食で摂りきれない栄養を「補う」意味を持っています。摂るべき栄養素としては、糖質、たんぱく質、ビタミンやミネラルが多く含まれている食べ物を積極的に!和菓子もおすすめです。カステラやまんじゅうやようかんは、低脂肪・高糖質でからだへの吸収が早くエネルギーに変わりやすいです。大事な試合や練習の1~2時間前におすすめの間食です。反対に、スナック菓子や洋菓子類は控えめにしましょう!
    「バナナパンプディング」は、アスリートがとるべき栄養もたっぷりで捕食にぴったりです!お好みでシナモンや、きなこ、ジャムなどをかけるとおいしく栄養もUPしますよ。

  • Vol.32 鹿児島実業高等学校コーチ&FC Kajitsu U-15監督 /柳崎祥兵

    2021.01.21 指導者リレーコラム

    Vol.32 鹿児島実業高等学校コーチ&FC Kajitsu U-15監督 /柳崎祥兵

    ランコ・ポポヴィッチからの刺激も受けながら指導者の道に入った鹿児島男児は母校の全国舞台への復活サポートのために、高校チームのコーチとU-15チーム監督の兼務にチャレンジ中。伝統を継承しながら、しかし現状打破のための変革にも着手するという難しい仕事にどんな姿勢で臨んでいるのか。

  • Vol.6 U-20日本女子代表コーチ/宮本ともみ

    2021.01.20 PASSION 彼女たちのフィールド

    Vol.6 U-20日本女子代表コーチ/宮本ともみ

    FIFA女子ワールドカップに3大会連続出場。2004年にアテネオリンピック出場。その間に、結婚・出産を経験し、当時、日本女子代表(なでしこジャパン)初の「子持ち代表選手」として話題になった。現在は、高田短期大学女子サッカー部監督、U―20日本女子代表コーチを務める宮本ともみ氏に、結婚・出産とキャリア選択について、お話を伺った。

  • Vol.20 ガンバファミリーで目指す「1位」。

    2021.01.19 発源力

    Vol.20 ガンバファミリーで目指す「1位」。

    ガンバ大阪のDF昌子源による連載コラム。
    その時々のテーマに沿って、素直な胸の内を明かします。
    ここでしか聞けないとっておきの話も含め、源ワールドをお楽しみください。

  • Vol.77 INAC神戸レオネッサ所属/MF仲田歩夢

    2021.01.18 フットボーラーズファッション

    Vol.77 INAC神戸レオネッサ所属/MF仲田歩夢

    サッカー選手のプライベートファッションをお届けします。
    あの選手の一押しコーディネートをチェック!

  • サバ缶と白菜のレンジ蒸し/フードコーディネーターりこぴん

    2021.01.15 REIBOLAレシピ

    サバ缶と白菜のレンジ蒸し/フードコーディネーターりこぴん

    REIBOLAレシピでは、スポーツ選手には欠かせない栄養バランスを考えた食事レシピを配信していくコーナーです。
    今回は、若手フードコーディネータのりこぴんさんのレシピ「サバ缶と白菜のレンジ蒸し」を公開!!
    調理時間は5分と短く、レンジを使うだけの栄養価の高い簡単レシピです。
    白菜の旬は11月下旬から2月なので、今の時期は一番美味しく栄養も豊富です。生姜を入れることでアクセントになるだけでなく体を温める効果もあります。サバ缶を汁ごと使うと無駄なく栄養も吸収でき、鯖の旨みも白菜に染み込みます。鯖は、タンパク質や骨を丈夫にするだけでなく、脳を活性化させたり、血液をサラサラにし、コレステロールや中性脂肪を下げる効果が期待できます。
    レンジで温めた後によく混ぜ合わせるとさらにサバ缶の汁が染み込むので、より美味しく食べることができます!

  • さばと里芋の味噌煮/村田英理子

    2021.01.08 REIBOLAレシピ

    さばと里芋の味噌煮/村田英理子

    REIBOLAレシピでは、スポーツ選手には欠かせない栄養バランスを考えた食事レシピを配信していくコーナーです。
    今回は、アスリートフードマイスターでプロラグビー選手/村田毅選手の奥さんである村田英理子さんのレシピ「さばと里芋の味噌煮」を公開!!
    里芋で疲労回復を助けつつ、サバの良質な脂質で体をしなやかに強くする食べ合わせです。里芋のぬめりに含まれるムチンは、胃や腸の保護強化を助ける効果が期待でき、食物繊維も豊富なので腸内環境改善にも役立ちます。
    里芋は電子レンジで温めると皮が剥きやすく、味が染み込みやすくなります。加熱をしすぎると里芋が縮んでしまうので、「里芋の大きさ」や「電子レンジ」に合わせて、加熱時間は調整してください。
    冬は活動量が少なくなりがちですが、室内でも体を動かす習慣を続けて、春に備えて体づくりを始めておきましょう!

  • Vol.5 水戸ホーリーホック 広報/土屋由実

    2021.01.06 PASSION 彼女たちのフィールド

    Vol.5 水戸ホーリーホック 広報/土屋由実

    水戸黄門と納豆で知られる茨城県水戸市を中心にホームタウンとする水戸ホーリーホックは、エンブレムに水戸藩の家紋も描かれているなど地域の歴史と伝統も背負ったクラブである。Jリーグでも20年の歴史を持つクラブで2020年から広報として活躍する土屋氏に、サッカーに関わる魅力とJリーグ広報の仕事について、お話を伺った。

ガンバ大阪・半田陸が戦列復帰へ。
「強化した肉体とプレーがどんなふうにリンクするのか、すごく楽しみ」